HAABビューティークリニック名古屋院|美容皮膚科・内科・医療痩身

  • HOME
  • 横顔の印象を改善する脂肪に効果のあるエラ …

NEWS
LETTER

HAAB 名古屋院

医療・美容のこと
HAAB 名古屋院の取り組みを
お届け

INFORMATION October.01.2021

横顔の印象を改善する脂肪に効果のあるエラーズハイフとは

エラーズハイフは、横顔の印象を改善へと導くための施術に使われる機器です。顎のラインがたるんでしまうと横顔の印象がイマイチだと感じる原因になります。

加齢とともにたるみが生じてしまうと、それを何とかしたいと考える人も少なくありません。

そんな時に最適なのがエラーズハイフという機器です。

今回は、エラーズハイフという機器の特徴やおすすめしたい人、ウルトラセルQ+や家庭用ハイフとの相違点などを解説していきます。

エラーズハイフとは?

エラーズハイフは、フェイスリフトをしなければ改善が難しいとされていたフェイスラインのたるみを改善できる機器です。

この機器を使うことによって、皮膚の奥深くにあるSMAS層にアプローチでき、リフトアップ効果が期待できます。

HIFU(高密度焦点式超音波)と呼ばれる特殊な超音波を照射するため、施術後の赤みや腫れ、痛みもほとんどないため、エラーズハイフのメリットはかなり大きいです。

フェイスラインのたるみだけでなく、二重あごに悩んでいる人にこそおすすめしたい機器でもあります。

フェイスラインがすっきりとするため、コンプレックスになっている二重あごも気になりにくくなるからです。

新型のリニアヘッドが導入されたことにより、二重あごやフェイスラインのもたつき改善効果が期待できる施術が行えるようになりました。

ハイフは、“メスを使わないフェイスリフト”と呼ばれている施術です。

ハイフを使った施術を受けた経験がある人も多く、効果を実感できたという人が大半を占めます。

エラーズハイフはどのような人におすすめ?

実際に、エアーズライフによる施術がおすすめできる人はどのような人なのでしょうか?

エアーズライフは

  1. 二重あごを改善したいと思っている人
  2. すっきりとしたフェイスラインを手に入れたいと思っている人
  3. ダウンタイムや痛みが少ない施術を受けたい人
  4. 手術をせずに小顔になりたい人
  5. 脂肪吸引はしたくないと考えている人

などにおすすめです。

エラーズハイフの施術ができるのは、フェイスラインと顎下です。痛みを感じることがほとんどない施術なので、麻酔の必要もありません。

しかし、痛みが心配だという場合は、通っている美容クリニックに相談すれば対応してもらえるので相談してみましょう。

多くの場合、ダウンタイムもほとんど気になりません。

稀にかゆみや熱感、腫れなどが生じる場合もありますが、一時的なものなので心配する必要はありません。

エラーズハイフならではの特徴

エラーズハイフは、効果を感じやすいという点が魅力となっています。施術に時間をかけずに効果を実感できるのは大きなメリットです。ここでは、そんなエラーズハイフならではの特徴をご紹介します。

施術時間を短縮できる

エラーズハイフは従来のドットカートリッジではなく、リニアカートリッジを使用した施術を行います。

ドットカートリッジの場合は、1ショット当たりの時間が1.5秒、400ショット当たりの時間がおよそ10分となっていました。

一方で、リニアカートリッジの場合は、1ショット当たりの時間が0.7秒、400ショット当たりの時間がおよそ4分半となっているのです。

短時間の施術ではありますが、施術直後から小顔になったと実感できる人が多くなっています。

施術時間を短くすることと効果が期待できることを両立できている機器だと言えます。

ダウンタイムがほぼない

エラーズハイフはダウンタイムがほぼないという点も魅力的なポイントです。エラーズハイフを使うと従来よりも施術時間を短くできるだけでなく、肌の表面を傷つけにくくなっています。

さらに、肌の奥深くまでアプローチできるため、施術してすぐに効果を実感できるという人が多くなっているのです。

肌へのダメージがほとんどなくダウンタイムもほぼないため、施術が終わったらすぐにメイクをしても問題ありません。

痛みが少ない

痛みが少ない点も、エラーズハイフの大きな特徴です。多少痛みは感じることはあっても、照射する時間が大幅に短くなっているので、痛みによる負担も軽減されています。

ターゲットとなる部分にレーザーを照射するため、周りの歯や骨にも響きにくくなっているのです。

従来は歯や骨に響いた時の鈍痛を感じやすく、それが気になってしまうという人も少なくありませんでした。

しかしエラーズハイフではそのような心配はありません。施術中に、チクチクするようなちょっとした痛みを感じることはあります。

ただ、麻酔をしないと我慢できないような痛みではないため、不快に感じにくいでしょう。

痛みを感じにくいという点を踏まえても、継続した施術も受けやすいことが特徴です。

このように、エラーズハイフには様々な特徴があります。

施術時間を短縮できるだけではなく、ダウンタイムがほぼないことや痛みが少ないことを理由にエラーズハイフによる施術を希望する人もいます。

負担を感じずに綺麗になれるのは魅力的に感じる人が多いことから、注目度が高まっているのだと言えます。

ウルトラセルQ+との相違点

従来のウルトラセルQ+とエラーズハイフ(ウルトラセルQ+リニア)には大きな違いがあります。

ここでは、どのような違いがあるのかみていきます。

ウルトラセルQ+とエラーズハイフの大きな違いは、超音波の届き方です。ウルトラセルQ+は、ドット上に超音波を照射し、顔全体の施術に適していました。

一方、エラーズハイフは、広範囲に超音波を照射します。施術に適している箇所は、顎下とフェイスラインです。

顎下やフェイスラインにエラーズハイフを使った施術を施すと、引き締まるため小顔効果が期待できます。

フェイスラインが引き締まって小顔に見えると、実年齢よりも若く見える点も1つのメリットです。

従来のタイプでも効果は期待できますが、エラーズハイフの方がより期待できる効果が大きく、負担を軽減できる機器なのです。

家庭用ハイフとの相違点

ハイフには家庭用の機器もあります。家庭用の機器を使ってセルフケアをすることによって、小顔効果が期待できる場合ももちろんあります。

しかし、美容クリニックで施術してもらう場合と比較するとその差は歴然です。では、家庭用ハイフとの相違点にはどのような点があるのか解説していきます。

家庭用ハイフは、ラジオ波を使った表面的な照射のみ可能です。また、肌の表面に熱を当てることになるため、火傷してしまうリスクもあります。

セルフケアをしている中で熱さを感じることも少なくありません。それに対して、美容クリニックで使う配布の場合は、超音波で奥深くまでアプローチできます。

熱を当てるわけではないため、やけどの心配もなく、痛みを感じることもありません。

まとめ

エラーズハイフは、横顔の印象を改善してくれる機器で脂肪に対する効果が期待できます。

手術をするわけではないため、ダウンタイムや痛みも少ないです。

施術後にすぐメイクをできるという点に魅力を感じる人も少なくありません。

エラーズハイフは多くの人に適した機器だと言えます。

二重あごを改善したいと思っている人やすっきりとしたフェイスラインを手に入れたいと思っている人には特におすすめなので、悩みを改善したいと思っているなら施術を受けることを前向きに考えてみてください。

エラーズハイフを使った施術を受けることによって、コンプレックスを解消でき、自分に自信を持てる可能性も高まります。

RECRUIT

未来のHAABビューティークリニック
名古屋院のスタッフへ

スタッフの豊かな人生がなくては、
患者さまも医院も成り立ちません。

CONTACT

ご相談・初診のご予約はお気軽に

any Questions?あなたの疑問にお答えします

we’ll help you !まずはお気軽に相談から