HAABビューティークリニック名古屋院|美容皮膚科・内科・医療痩身

  • HOME
  • ソプラノチタニウムとは

NEWS
LETTER

HAAB 名古屋院

医療・美容のこと
HAAB 名古屋院の取り組みを
お届け

INFORMATION August.29.2021

ソプラノチタニウムとは

ソプラノチタニウムは、3つのレーザー(アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ロングパルスYAGレーザー)をブレンドして照射できる脱毛機です。そのため、脱毛効果が高いといわれています。また、痛みの少ない施術ができ、幅広い肌質の人に対応しているという点も魅力的なポイントとして知られています。

イスラエルのAlmaLasers社が手掛ける従来のソプラノシリーズと比べてみると、施術時間をおよそ半分にできるという進化も遂げていることから、魅力がたっぷりと詰まった脱毛機だといえるのです。レーザーは種類によって、波長が異なるため、効果が期待できる深さに差があるのです。

アレキサンドライトレーザーは多くの脱毛機に取り入れられていて、メラニン色素に吸収されやすくなっています。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーと似た波長を持っていますが、産毛や細い毛に対するより大きな効果が期待できるレーザーとして知られています。

そしてロングパルスYAGレーザーは、他よりも波長が長いので肌の奥付加期まで届き、太い毛に対する効果が大きいと言われているレーザーです。医療レーザー脱毛を受けると、稀に毛が太くなってしまう硬毛化や濃くなってしまう増毛化といった現象が起こる場合があります。

レーザーで細胞を壊し切れなかった時に起こる現象です。細胞を破壊しきれないと逆に活性化してしまうことが原因だと考えられています。特に産毛の場合は、レーザーのエネルギーが伝わりにくい傾向があるため、他の毛と比べると硬毛化しやすくなってします。しかしソプラノチタニウムは、産毛までしっかりと施術できるように3つのレーザーをブレンドしているため、そのような心配もほとんどありません。

RECRUIT

未来のHAABビューティークリニック
名古屋院のスタッフへ

スタッフの豊かな人生がなくては、
患者さまも医院も成り立ちません。

CONTACT

ご相談・初診のご予約はお気軽に

any Questions?あなたの疑問にお答えします

we’ll help you !まずはお気軽に相談から